2013年6月20日木曜日

【図解】領収書などの保存方法

こんにちは。ネットde会計ブログ「起業家のための経営玉手箱」に
お立ち寄りいただきありがとうございます。


起業したての経営者さんや新米の経理担当者さんが、
改まって調べることでもない気がするけど
どうやれば良いのかな~~~と思われていること。
それは・・・


領収書や請求書類の保存方法


こないだもご飯食べに入った小料理屋の女将さんから聞かれました。
確かに、あまりマニュアル本にも載ってないし。
でも、きちんと整理しておかないと、いつの間にか預金残高が減っていて
何に使われたのかわからない!なんてこともありますよね。

ようございます( ̄^ ̄)
私の経験上でよろしければ、こんな感じです、
というのを写真付きで、ご説明いたします。

ちなみに、弊社財務会計部の協力により私が撮影しましたので、
フォトジェニック感はございません。あしからず・・・。

では、事務用品の領収書を例にしてみましょう。

出納帳の入力はこんな感じになりますね。











そして、会計ソフトで自動採番された、左上の伝票番号No.26と、
領収書をひも付けておきます。
右上の余白にでも書いておきましょう。
こうすることで、税務署などの第三者にもこの事務用品について証明できますね。














次、ファイリングです。
ファイルは期ごとに用意し、月別日付順にファイリングすると便利です。





































実際に使っているものだけあって、さすがにリアルですね。
付箋が飛び出てるあたり特に(・Д・)

次、いよいよ綴じます。
領収書なんてちっこいもの、綴じにくいし、やぶれるし!
なので、いらない裏紙にでも貼り付けちゃいます。




















これですっきり、A4ファイルにも収まります。

私はこんな感じで整理整頓しておりました~。
ご参考までに☆