2013年11月5日火曜日

「こらこらこら社長さん」秋のサポートセンター奮闘記

こんにちは。ネットde会計ブログ「起業家のための経営玉手箱」に
お立ち寄りいただきありがとうございます。


急激に寒くなってきた今日この頃、皆様いかがお過ごしですか。
ちょっと久しぶりのブログ更新、お仕事してなかったわけではなく、
サポートラッシュに奮闘しておりました。


ある一人のお客様からのお問合せ、数えることウン十回


法人の社長さんで、経理未経験で、簿記も勉強したことなくて
もちろん会計ソフトも使ったことない
輸出売上なんかもあって、ちょっと複雑
でも自分でやりたい。


「これから1年分の仕訳を全部、登録し始めます。」


聞くと8月決算。確定申告は10月31日が期限。2日後じゃないかっ( ̄□ ̄;)ギョッ
さすがにおののくサポートセンターA木。


でも、社長さんはめげなかった。
何とか仕上げて、税務署に申告してきたとご報告いただきました。



(A木)
経理、今までどうしてたんですか。

(社長さん)
今までは税理士さんにお願いしてたけど。
今年はギリギリになっちゃって、今からお願いしたら税理士さん怒るかなって思って。
自分でやろうと思ったの。

ちょいちょいちょいってできるもんだと思ってだけど、
けっこう大変だったね~
(。・ ω<)ゞてへぺろ


(A木)
こらこらこら~!けっこう売上も大きいんですから、
税理士さんや経理できる方にお願いするとか、
ちゃんとした方が良いですよ。


(社長さん)
そうですね~(=´▽`)ゞ エヘヘ



元経理のA木としましては、申告のためだけに帳簿をつけるのではなく、 日々の経営に生かすために経理を活用して欲しい。
だから、毎日とは言いませんが、せめて毎月帳簿をつけてチェックして欲しいな、と思います。
一気につけるより、格段に間違いも減りますしね。